【迷ったらコレ!】テニスのサーブに関するアドバイス7選!2021.04~06版

【迷ったらコレ!】テニスのサーブに関するアドバイス7選!2021.04~06版

こんにちは!
龍村マサです。

今回の記事は私が2021年4月から6月にかけて行ったツイートの中でサーブに関して行ったツイートをまとめました。

こちらは私のツイッターです。
(1) 龍村マサ🎾テニスのマインド相談員さん (@ponpon01089071) / Twitte

私は1年間で初心者だけのチームを団体戦で県3位まで成長させた経験もある元テニス部顧問です。
この経験からテニスのマインドや考えた方について毎日発信をしています。

・最近私をフォローしてくださった方や昔のツイートを見直すのが面倒な方

・「サーブに関して悩みの原因がわからない」

・「何かサーブに関して一言アドバイスを見たい」

こんな悩みの解決の為に、この記事ではいいねの数など皆様の力になれていないなと思ったツイートは除外して、7つのツイートを選びました。

5分で読める記事となっていますので、まずはご一読を!

最後まで読んでいただいて、良かったなと思ったらまた迷ったときに見返していただいたり、Twitterのフォローをしていただけたらと思います。

①【ファーストサーブは確率優先】

【ファーストサーブは確率優先】

1stサーブの確率が50%以下ならスピードを落として確率を上げましょう。

①ダブルフォルトがなくなる
②リターン側のプレッシャーが大きい
③ポイントにつながる確率が高い
④大事なポイントは入れるだけで有利

全力で打ちたい気持ちを我慢し、勝ちに貪欲になりましょう

②【テニスの指導でやって良かったこと】

【テニスの指導でやって良かったこと】

メニューに入れて良かったこと

『キャッチボールと遠投』

サーブとストロークの体の使い方につながります。

ボールと広い敷地があれば出来ます。

待ち時間も減り、その後にサーブ練習はより良かったです。

集中力の問題もあるので、時間配分には注意

③【初心者だけのチームを1年で県3位に導いた方法⑥】

【初心者だけのチームを1年で県3位に導いた方法⑥】

セカンドサーブの練習

凄いサーブじゃなくても良い。

下からでも良いから『確実に入るサーブ』を身につけよう。

初めての試合に向けて練習しました。

2本とも下から打つことは恥ずかしいことではありません。

④【初心者だけのチームを県3位に導いた方法⑦】

【初心者だけのチームを県3位に導いた方法⑦】

サーバーが有利

サーブの練習で伝えたことはサーバーが有利であること。

リターン、ストローク、ボレー等と違い自分の好きなタイミングで打てます。

相手の打った球、強さは関係なく、初心者の方でも自分次第です。

⑤【ラケットを振る方向とボールが飛ぶ方向が違う】

スライスサーブでよくある言葉

【ラケットを振る方向とボールが飛ぶ方向が違う】

初心者の方からしたら、理解しにくいです。

①回転がかかる感覚
②ラケットが当たる『厚い』『薄い』

これを理解したいです。

『一つの練習方法』

ラケットを短く持って、スライスサーブを練習

入る入らないは気にせず、ひたすら切ってみましょう。

⑥【スライスサーブで参考になった動画】

【スライスサーブで参考になった動画】

動画の内容を実践するのは難しかったです。

でもこれも練習。

練習して感覚が掴めたら、成長を実感できます。

より分かりやすくした動画もアップされているので、分かりにくかった時はそちらをどうぞ。

⑦【相手にプレッシャーを与えるプレー】

【相手にプレッシャーを与えるプレー】

1stサーブの確率を上げましょう。

『1stサーブをキャノンサーブでフォルト』

『2ndサーブを当てだだけのサーブで入れる』

相手に舐められてしまいます。

1stサーブの確率が50%以下ならスピードを落としてでも入れましょう。

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございました。

基本的にマインドや考え方を中心にTwitterでは発信をしています。

少しでもあなたの悩みの解決に繋がれば幸いです。

もし良かったなと思っていただけたら、また迷った時に読み返していただいたり、Twitterでは基本毎日発信していますので、フォローをして頂けたらと思います。

こちらは私のツイッターです。
(1) 龍村マサ🎾テニスのマインド相談員さん (@ponpon01089071) / Twitte

テニスは考えて練習をしていくことで成長できます。

考えて成長することに関してはこちらの記事で解説をしていますので、良かったらこちらもどうぞ。

【考えて成長!】考えてテニスをするときに意識したいこと

今日も練習頑張いきましょー!

【テニスは楽しいもの】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA